海軍経理学校
第36期のホームページ
 
貴方は第カウンター番目の訪問者です
 
海軍経理学校第36期生徒 70年前の面影
 

 BGM 大東亜戦争海軍の歌
      海軍経理学校の沿革
    築地に建つ記念碑
    品川校舎・垂水校舎への移転記
     BGM 海軍経理学校校歌(歌唱)

  BGM 桜花(歌唱)
 駆 け 足 
  ○ 昭和9年~昭和20年間での年次
   別採用者数と受験倍率 
  ○ 34期~39期の府県別採用者数
 座学(教室)
 軍歌演習 
 
BGM 上村将軍(歌唱)
 
リンク 海の進軍
 
リンク 吾は海の子  
 甲板掃除
 洗  濯 
 食  事 
 海軍体操 

 ○ 第36期生徒の入校式
    中学生から海軍生徒へ
     BGM ラッパ軍艦旗掲揚
 温  習
 水 泳  巡  検 
  
BGM ラッパ巡検
 短 艇 
 遠 漕
 BGM 如何に狂風(歌唱)
 軍容査閲
  BGM 日本海軍 
 帆 走
 
BGM 巡航節
 ○ 昭和18年11月から昭和20年
   10月までの生徒生活の年譜
     BGM 軍人勅諭(歌唱)
 
 昭和18年11月から12月まで
  昭和19年 1月から 3月まで
  昭和19年 4月から 6月まで
  昭和19年 7月から 9月まで
  昭和19年10月から12月まで
  昭和20年 1月から 3月まで
  昭和20年 4月から 6月まで
  昭和20年 7月から10月まで
 正月行事
 棒 倒 し      34期の卒業
  
BGM 誉の曲
 剣 道 
 柔 道    靖国神社参拝
  BGM 君が代行進曲
 銃 剣 術
 相 撲 

ここをクリックして下さい
 陸戦演習 
 乗馬訓練   
 乗艦実習
 BGM 艦船勤務(歌唱)  
 
 ○ 普通学の科目と担当教授・教官
 ○ 軍事学の科目と担当教官
 地中海遠征記 
  BGM 轟沈
  
片岡覚太郎著
 太平洋戦記 
 
杉山 積著
  BGM 轟沈
海軍ラッパ譜 

 ○ 36期の主任指導官・期指導官
 ○ 青木語録と指導官の追憶
    BGM 吹奏楽 国の鎮め
 サイパン・レイテ
 海戦記
 福田幸弘著

海軍軍歌集
 平和の条件
 計見良雄著
 

 ○ 紺野逸弥海軍経理学校校長の達示
 ○ 栗田健夫海軍兵学校校長の訓辞
    
    
BGM 吹奏楽 別れの曲 
 桜と錨
  高橋辰雄著
 護衛船団戦史
 高橋辰雄著
    
帝国海軍のHP
     思い出と戦後の記録
 ○ 平成 8年刊行 三六会会誌
 ○ 平成15年刊行 三六会会誌 

 
傘寿の感懐  
 ○ 平成22年4月刊行 
      
     BGM 大正生まれの歌(歌唱)
 ○ 昭和19年の36期全員の面影

             リンク
 あゝ復員船
 珊瑚会35期編集
海軍兵学校のHP
 海軍と経営
 吾郷喜重著
海軍機関学校のHP
 海軍思い出すまま
 岡田貞寛著
海軍経理学校のHP
 太平洋戦争
 喪われた
 船舶の記録  
 宮本三夫著
海兵71期のHP
海兵74期のHP 
 
 
   昭和24年以降の総会開催記録
 ○ 2001年21世紀の初日の出
   を拝む会
 ○ 平成15年の京都総会の情景

    BGM 艦隊勤務(歌唱)
  You Tube  
海兵76期のHP
  海軍兵学校
 
江田島健児の歌 
海経37期のHP
 海軍機関学校校歌 
  海軍経理学校校歌
水交会のHP
10
 浴恩会の
   記録
  ○ 平成17年約1世紀に及ぶ海軍経理
   学校の同窓会{浴恩会」は遂にその
   幕を引き感無量
    BGM 太平洋行進曲
映画 日本海海戦 
映画 太平洋戦争 索引
海上自衛隊
第4術科学校のHP 

4術校史料室

動画 YOU TUBE
映画 海 軍
映画 栄光の大日本帝国海軍
報道 日本悪玉論の大ウソ
 参  考 報道 集団的自衛権日本政府の決断
元海幕長 吉田 學
(海兵75期)
講演要旨
 
11

 

 ○ 昭和63年より三六会サロンを
   開設  会場の風景
 ○ サロン開設の主旨
     BGM 同期の桜(歌唱) 
 
解説 天皇と憲法 
解説 日露戦争前編
日露戦争後編
 
 
戦争の歴史   評論 東京裁判を批判した
マ元帥の謎と真実

戦中はどんな歌を
歌っていたのか
 
 
12
 ○ ゴルフ同好会の開催記録
 ○ 発会の趣旨と経過
評論 なぜ日本は大東亜
戦争を戦ったのか
評論 アメリカがパンドララ
の箱を開けた①

アメリカがパンドララ
の箱を開けた②
 
大正世代にとっての
心に沁みる歌謡曲

附;須佐卓郎 編曲

憩いの歌集 名曲玉手箱
 
 13  ○ 靖国神社へ御帽子台を修復奉納
 ○ 戦没した34期生徒の鎮魂

    
BGM 海行かば   
講演
評論 なぜアメリカは対日戦争
を仕掛けたのか
対談  国難の正体 前半
国難の正体 後半
 
講演 韓国の歴史認識を糺す
講演 正しい歴史認識とは
   講演 中国文化の本質

新三六会サロン スエヒロにて
新三六会情報
記録 昭和維新の指導者たち
    平成27年 平成27年12月更新 記録 エンタプライズ vs 武蔵
記録 戦艦大和その栄光と終焉
    平成28年 平成28年12月更新    記録 凛として愛
 
  銀座サッポロライオンにて
記録 映像の世紀 索引
     平成29年 平成29年 5月更新  記録
***************************
    平成30 平成30年 9月更新   東宝映画 連合艦隊
観賞の手順 
在 学 中 の 印 象
 連載  高木 寛の時事放談 
  
  このフアイルは、36期の高木 寛君が毎月このホームページに、彼一流の筆致で
  寄稿してくれる時事放談です。
  右のご希望の日付をクリックすると当該月の記事を開くことが出来ます。
    
187号 平成30年 6月 1日 油壺から
(寛声漫語)

1号から82号まで
188号 平成30年 7月 1日
189号 平成30年 8月 1日
190号 平成30年 9月 1日
191号 平成30年10月 1日

  海軍経理学校第36期生徒のHP公開の趣旨
 
     
 この記録は、戦争を美化したり、そのような体制を再建したいという趣旨
    ではありません。今、平和と豊かな生活環境で育った我々の子供や孫に、或
    いは同期のご遺族の子弟に、さらに一般の若い人達に、今から70年前の若
    者は、どんな気持ちで青春をかけたのか、旧軍隊でも海軍経理学校が如何に
    リベラルで崇高な人格を身につけるための教育を目指していたか、そしてそ
    の卒業生が終戦後どう生き抜いてきたかということを、後世に残しておきた
    いという趣旨で作成したものであります。我が国が、これからの国民の努力
    で、他国に侮られることのない品格の高い、立派な国になるように念願する
    ものであります。
 
 
      
    このホームページの管理者
      海軍経理学校36期生徒
             西 村 忠 弘    
   
        
 私の生徒時代
このHPの管理者の頁