BGM 海軍経理学校校歌(歌唱)


1,海軍経理学校の沿革
・ 
   明治 7年10月23日  海軍会計学舎創設、東京都港区芝
   明治 9年 8月31日  海軍主計学舎と改称
   明治11年 4月  日  生徒養成中止
   明治15年11月 8日  海軍主計学舎再設
   明治19年 7月 1日  海軍主計学校と改称
   明治21年10月23日  東京都中央区築地に移転
   明治26年12月31日  海軍主計学校廃止
      明治27年 8月  日  日清開戦
   明治32年 5月13日  海軍主計官練習所新設
   
明治37年 2月10日  日露開戦
   明治40年 4月22日  海軍主計官練習所廃止
   明治42年 4月22日  海軍経理学校開校
   昭和16年12月 8日  ハワイ真珠湾攻撃
   昭和19年10月  日  品川本校開校
   昭和19年11月28日  浜松分校開校
   昭和20年 2月 1日  垂水分校開校
   昭和20年 3月15日  橿原分校開校

   昭和20年 8月15日  大東亜戦争終戦
   昭和20年 9月30日  廃校
 
 
 
 
 海軍経理学校 築地校舎
 
         
 
 海軍経理学校の碑
 ・
  碑文(表)
 
 
   明治七年海軍会計舎が芝山内天神谷に設けられたが,のち幾変遷を経て
  明治四十年にそれが海軍経理学校となった。その間明治二十一年校舎は
  築地に移されたが、その敷地は松平定信邸の浴恩園の跡に当たった。
  明治時代その付近には海軍の施設が多くその一帯は海軍発祥の地とも称
  せられている。校舎はさらに幾度か移築を経て、昭和七年この西側築地の
  一角に移築されたが、太平洋戦争中就学人員急増のため品川ほか地方
  三ヶ所に校舎を増設した。戦後の海軍解体に伴い昭和二十年九月同校
  は約七十年の歴史を閉じた。その間の出身者は万余をかぞえ輝かしい功績
  を残したが、戦後もわが国復興の中核となって活躍した。
  戦後三十年を機にここにその栄誉と同校の跡を記念してこの碑を建てる。

・   
 碑文(裏) 
 
          海軍経理学校 校歌   作詞 片岡 覚太郎

ゆるぎなき 御代のすがた うつすてふ東京湾頭
波よする築地の岸に 聳えたつわれ等が母校

星うつり 人はかはれど 古し庭昔をかたり
五十年光栄ある歴史 とこしへにわれ等をてらす 
ああなつかしきわれ等が母校

母校の光栄はわれ等が誇り この誇りすてず進みゆくこそ
われ等が担う永遠の使命ぞ

 築地における海軍経理学校の最初の校舎敷地が松平定信邸の浴恩園の跡に当たりかつて生徒クラス会を浴恩会と称したいきさつにちなんで、戦後は海軍経理学校同窓会を浴恩会と称することとしたが、この碑はその浴恩会が建立した

  
  戦時下の校舎移転の記録
     
   昭和19年10月品川校舎開校      昭和20年2月1日垂水校開校    
         
   品川校の沿革と移転記録へリンク     垂水校移転の経緯へリンク     
 
 ・