11、サロン ドウ 36
新三六会の親睦会
 
   
 ・  
                               [サロン ドウ 36]の開設

平成9年には三六会会員も殆どが古希を迎え、第2・第3の勤めも終えて、漸く自分自身のゆとりの日々を持てるようになったのではないかと私は思った。

 夫々に如何に余生を有意義に過ごそうかと工夫をこらしておられることであろう。趣味三昧の楽しみも良いし、わだかまりのない新しい地域コミニテイでの交遊や、カルチャーセンターなどで好きな勉強をしている人もいるだろう、町内会でボランテイア的なお世話をするのも生き甲斐かもしれない。また、心ならずも尽くしてやれず専ら亭主の面倒を見て苦労させた愛妻と旅をしようという目論見もあるであろう。

しかし、自宅を郊外に作られた方などは、自分自身だけの生活パターンで一隅に過ごすのはあきたらず、かって仕事で活躍したオフィスのある都心に偶には出かけてきて、心血を注いだ古戦場を歩いて懐かしんでみたい、足腰の運動にもなる、道行く若い男女の振る舞いに触れてみるのも老化防止になるかもしれない、そして三六会の友人と都心で気楽に歓談する機会を持つというのも悪くはないのではないか。私がそうだから、きっと皆さんの中にも同じように考えている人がいるのではないかと推量した。

我々海軍経理学校の同期は、代々の幹事の努力で毎年春秋2回三六会を開催して、強い絆で結ばれてはいるが、時には海経の先輩・後輩や海軍三校のコレスとの気楽な交流が出来る機会があったらもっと良いのではないかとも考えたのである。

 36期は海軍最後の1号生徒で終戦、遂に海軍士官にはなれなかった。幸いに死なずに済んだと言ったら、純粋な気持ちであの戦場に散った先輩には大変申し訳ないことだが、命永らえて今日の繁栄の恩恵に浴している。しかし、心の片隅のどこかには、憧れた遠洋航海や艦船勤務も経験してみたかったという、一抹の寂しさが残るのも否めない。せめて先輩などを囲み、その体験談や栄光の想い出話を、ガンルームで聞くような気分を味わいたいものと、このサロンを開設しようと発想したのである。

たまたま私が会社を辞める少し前に、関連子会社と親会社とのコミニケーションが出来るような場をと、子会社の出資で作った談話室が出来て、OBにも何とか使わせてもらえるようだということで、この談話室を借用し、特定月を除く第2木曜日に、三六会月例サロンを開くことにしたわけである。

会の名前は、「ミニ三六会」「三六会ガンルーム」などという愛称でどうかという提案をしたら、一寸硬いというので「サロン ドウ 36」という現代的ムードのある名称になったが、この名付け親は和田 宏君だった。

会のお世話は、下士官がいないので、小生のほか、渡邉滿雄君・和田 宏君にお願いし、3人で庶務主任・掌衣糧長・掌経理長の役割を分担して働いている。絶妙のチームワークで今日まで極めて順調に運営されてきており両君には深甚の謝意を表したい。

 開設以来もう9年余になるが、我々36期在校中ただ1人全期間教官を勤められた吾郷教官が、今や「俺は36期だ」と言われて、すっかりその気分に成り切って、欠かさず毎回ご出席頂いている、お陰で談話にも広がりを増して大変有難いことだと感謝している。
 (註; 吾郷教官はこのHP作成を完了した平成18年3月10日残念ながら90歳で逝去された)

ただ、残念ながらどうしても参加メンバーが常連になりがちで、毎回1人でも2人でも久し振りの会員が出掛けて来てくれればなあという思いが強い。もし、今後気が向いて新たに出てみようと思われる会員がおられたら、是非顔をだして頂きたいと思っている。

その方たちのために、このサロン運営の申し合わせのようなものを次に列挙しておく。
  毎月の開催であるから、なるべく気楽にということで、
  1 時間は、午後2時から6時までの間に、自由参加、出退時間はフ
    リータイム
  2 堅い雰囲気を極力排し、自由放談
  3 海経の先輩後輩・海兵や海機のコレスに対してオープン、会員の
    出席呼掛けに期待
  4 会費は定額(¥3,600)自主納入、但し、先輩は期の数に¥100円
    を乗じた額
  5 世話役幹事は元気な限り永年固定
  6 有志の差し入れを歓迎
  ということで運営している。
 
追伸;
 平成16年、時の趨勢で、これまでの談話室が閉鎖になり使用できなくなった。止むを得ず太田 修平君のお世話で、場所を新橋の「航空会館」に移すことになったが、ここも大変よい環境で、会は益々盛況を呈してしていた
 しかし、この「航空会館」の「スエヒロ」も平成26年1月で閉店となり、止むを得ず2月からは「銀座ライオン」で引き続き開催することとした。

                            西 村 忠 弘 

追伸; 平成28年12月

  首都圏在住の新三六会会員各位
              今後の新三六会月例会サロンの開催について

我々三六会員が八十五歳になった平成二十三年に三六会総会を終焉して以来、細やか乍らも東京近郊の会員加できる方々の、新三六会月例サロンを続けて行きたいと思い、毎月第二金曜日に「銀座ビアホールライオン」にて懇親会を開催して参りました。
しかし、今年で会員の年齢も皆九十歳となり、次のような理由で出席率が月々に減少してきました。
   @   足腰や心臓・肺機能などが弱り遠出が億劫になってきたこと 
   A   病院に行く日と重なってしまうようなことが屡々あること
   B   家族が認知症で一人置いて出かけることが難しいこと 等々
また会計幹事は原宏君から高橋元清君に代わり今日に至っておりますが、今後は固定の会計幹事をお願いすも難しい状況にあります。
依って、これまでのような月例の新三六会サロンは本年を以て終了することとし、十一月の例会の折出席会相談の結果、来年からは次のようなことで縮小開催とすることに致しました。
   * 開催日は五月と十月の第三水曜日、気候の良い月を選びました。
       (平成二十九年は五月の第三水曜日五月十七日と十月の第三水曜日十月十八日)
   * 開催場所は「銀座ビアホールライオン」二階個室 (パンフレットと名刺同封)
   * 開催時間は 一三○○〜一五三○ 各自フリー出席
   * 幹事制を廃止 世話人は担当ホステス新美美千代さん (台風などで中止するような場合の連絡は
    西村が行う)

   * 会計は当日割り勘 一人当たり約四千円程度
皆様の多数のご参加を期待しております。
年二回ですのでお忘れなきよう年次日程表に記載しておいて下さい

         平成二十八年十二月十日
                                 
連絡担当 西 村 忠 弘


 
       平成29年度の海軍経理学校第36期の懇親会
         【新三六会の月例会】の開催場所と開催日


  ◎  平成29年度の新三六会月例会の開催日   
 
   開 催 月    会   名   曜   日   開 催 時 間
   5月17日    春の例会    第3水曜日     午後1時〜4時  
  10月18日    秋の例会    第3水曜日     午後1時〜4時  
 
     
    ◎ 開催場所と案内図  
          東京都中央区銀座七丁目9の20 「銀座ライオン」 2階特別室
              交 通  JR新橋駅  または 営団地下鉄 銀座下車 徒歩5〜6分 
     
 

                   

 

   

 BGM 同期の桜(歌唱)